2019年1月6日日曜日

チャペルバイザレイク お花盛りです!

新年明けましておめでとうございます。
年末は、クイーンズタウンのチャペルバイザレイク挙式が毎日のように続きました。
お天気も清々しい夏の晴天率も高く、お花に囲まれた挙式を満喫していただけました。


チャペルの入口のアーチもバラが満開です。





昨年にニュージーランドにて挙式をされました、全てのカップルの皆様の健康とお幸せを願ってます。
この日の感動をいつまでもお二人の素晴らしい思い出として、これからの人生を歩んでいっていただけたら光栄です。

2019年も沢山のカップルのニュージーランドでの挙式のお手伝いを心をこめてしていきたいと思います。

2018年12月2日日曜日

善き羊飼いの教会 入口工事中

あっという間に、12月に入り2018年も残り少なくなってまいりました。
10月からウエデイングシーズン繁忙期に入り、ブログもご無沙汰してしまいました。

10月下旬より、テカポの善き羊飼いの教会敷地内の入口付近の工事が始まり、完成は今月末を予定しております。
この期間は、犬の銅像側のアクセス口に、リムジンを駐車して、そこから敷地にご入場いただきます。


今までは、木のテンポラリーの簡易入口でしたが、石造りの立派な入口工事中です。



こちらの入口から敷地内へ入ります。教会までゆっくり歩いて2分です。

今回の工事によって、挙式や教会のイベントの際に、よりプライベート感が強化されます。近年のテカポの人気によって観光客が急増し、挙式の際も、教会のガイドさんが、見張り役をしてくれてましたが、それらの仕事も軽減できそうです。
また、将来的には、教会の前の駐車場もなくなり、教会周りに静寂が戻ってまいります。

私たち、挙式スタッフにとっても、とても嬉しいことです。特にカメラマンは、教会とカップルの写真を障害物無しに、撮影できることが可能となります。
カップルも、挙式後の、教会周りでの撮影では、リラックスしたプライベートな雰囲気を楽しんでいただけると思います。


先月は、初夏というのに、季節はずれの雪が降り、ルピナスと雪という、稀な景色となりました。

ニュージーランドの初夏は温度も変わりやすいのが特徴です。薄手のフリースやウインドブレーカーなどをお持ちいただくと良いですね。




2018年9月15日土曜日

ニュージーランドは春真っ盛り。挙式シーズンスタートです。

クライストチャーチは、このところ暖かい気温が続き、水仙、木蓮、桃、そして桜が満開になりました。
昨日は、主人と自宅オフィスから車で10分のQuarry Park にお花見に行ってきました。この広大な公園には、昔の採石場、ネイティブウオーク、ピクニック広場、クライストチャーチの姉妹都市の友好モニュメントがあります。
その一つが、Kurashiki Park 姉妹都市の倉敷市から送られた桜並木です。




クライストチャーチと倉敷市の友好ガーデンのサインです。


パークには、原生林のキャベッジツリーも多く、ニュージーランドらしい風景です。

こちらのパークは町の中心地から車で約25分。、クライストチャーチからテカポへ行く途中でも立ち寄れます。


今月末には今シーンズン初のテカポ挙式が控え、9月30日は、Daylight Saving (夏時間)がスタートいたします。日本との時差が4時間になります。日本が12時の時、ニュージーランドは16時です。
日も長くなり、本格的なニュージーランドの挙式シーズンが、もうそこまで来ております。
テカポやクイーンズタウンは、旅行者急増で、ホテルの予約が難しくなりますので、来年1-4月の挙式をご計画の方は、今からご準備くださいね。

2018年7月8日日曜日

クライストチャーチの一押し会場:カシミアヒルズ教会のプロモーション

クライストチャーチに住んで30年近くがたちました。その間、南島の観光業や挙式の仕事に携わり、時代の流れを感じてます。
2011年のクライストチャーチ地震以来、めっきりと、クライストチャーチでの挙式が減りました。人気挙式会場が被災して使用不可となったり、ツアー日程にクライストチャーチ泊が少なくなっりと。

地震から7年が経過し、街も復興目覚ましく変化しております。また、ツアー日程に南島の玄関口、クライストチャーチ泊が戻ってまいりました。
今月には、クライストチャーチのカシミアヒルズ教会挙式があり、あらためて、クライストチャーチでの挙式の素晴らしさを実感し、先週、その雰囲気を感じていただけるようなプロモーションビデオ撮影をいたしました。


カシミアヒルズ教会は、クライストチャーチの街の中心地から車で約20分。街並みやサザンアルプスを見渡せる、カシミアの丘に位置してます。
周りは、閑静な住宅地で、地元に人たちにも、人気の教会です。

長いバージンロード、美しいステンドグラス、歴史ある石造りの教会での英国スタイルの挙式が実現いたします。
動画が完成いたしましたら、弊社ウエッブサイトに、紹介してまいります。

カシミアヒルズ教会挙式お申込みの皆様には、以下の特典を考えております。

♡現地レンタルドレス&タキシード一式 $200オフ
♡ニュージーランド産プチギフト
♡無料レンタルホースシュー&サムシングブルーガーター

こちらをアップする前にもご興味ある方は、メールでお問合せくださいね。
弊社オフィスもクライストチャーチにございますので、現地レンタルはとても便利です。ご到着日、翌日の挙式が可能です。

最後に撮影当日にご協力いただきました、シルビア牧師と教会スタッフ皆様との記念写真。右端が私ですが、もともと背が低いのですが、高身長さんたちと一緒で、ますます小っちゃくみえますね。


2018年5月21日月曜日

北島挙式会社 アミカルニュージーランドウエディング社さんとのコラボ準備中!

先日、北島挙式専門のアミカルニュージーランドウエデイングの社長さんでもある荒川千明さんが、クライストチャーチに来られて、いろいろ今後のニュージーランド挙式について語り合いました。
千明さんとは、公私ともに10年以上のお付き合いがあり、今まで何かと助け合ってまいりました。
両社とも、30年を迎え、何か一緒にできないかということで、ただ今、北島と南島とのコラボ企画を準備中です。


オークランドのビーチフロントでのフォトツアー


映画ロードオブザリングの撮影場所ホビット村でのフォトツアー

南島の風景とは、また違った雰囲気に溢れてます。

コラボ企画のコンセプト」は、「ニュージーランドを存分に楽しむウエデイング」北島と南島の2つのロケーションでウエデイングとフォトツアーを体験していただきます。
例えば、南島のテカポの善き羊飼いの教会で挙式をしたあとに、後日、北島のホビット村でのフォトツアーを行うなどなど。
両社が協力して、お客様の情報を共有し、ニュージーランドの大自然を満喫するウエデイング&ハネムーンを楽しんでいただけたらと思います。

ニュージーランド海外ウエデイングの老舗の2社だからこそ実現するコラボレーションです。
ただ今、千明さんと、わくわくしながら内容を検討しているところです。

追伸となりますが、私、ターナー啓子は5月24日から仕事を兼ねて、2週間日本に行きます。メールは毎日チェックいたしますが、その間お返事が遅くなることがあるかもしれませんことを、お伝えいたします。

2018年5月3日木曜日

クライストチャーチ秋のフォトプラン

ニュージーランドは日本と逆の季節、美しい紅葉の季節です。
4月下旬に、クライストチャーチのハグレー公園にて、フォトプランの撮影が行われました。

クライストチャーチの街中を走る、イギリス風のトラム

色鮮やかな紅葉のうしろには、ゴシック建築のアートセンター

ハグレー公園を流れるエイボン川

ハグレー公園、ボタニック公園入口にて。

当日は、スクールホリデーということもあり、地元のご家族連れも多く、私たちが撮影をしていると、にこやかにお祝いの言葉をかけていただき、祝福ムードにつつまれました。
広大な公園内では、紅葉の大木、美しいエイボン川、バラ園、優しい光の太陽の下、お二人もとてもリラックスして撮影を楽しまれました。
はじめてのニュージーランド旅行の最後の日に、秋の佳き日に最高の思い出ができたと喜んでいただけました。

私も、紅葉の美しいクライストチャーチの撮影のアシストができ、とても誇らしい気持ちになりました。
クライストチャーチの地震から7年、観光客も戻ってまいりました。英国的な雰囲気の残るガーデンシテイーは、健在です。


2018年4月8日日曜日

ニュージーランドブライダルショー行ってきました!

本日、恒例のニュージーランドブライダルショーに行ってまいりました。
毎年、秋になると行われるイベントです。次のウエデイングシーズン(NZの挙式オンシーズン10月―翌年3月)に挙式を計画するカップルで賑わいます。
ブースには、ウエデイングドレス、カメラマン、挙式会場、ヘアメイク、フラワーアレンジ、テーブルセッテイングなど並びます。


イベントのひとつとして、ウエデイングドレスのファッションショーも行われます。今年は特に、NZのブライダルシーンをリードしていた、ドレスブランドのオーナーのロビン クリフさんが退任されるということで、彼女の最後のコレクションも披露されました。
弊社もビジネススタート当時は彼女にドレスデザインをお願いしていたこともあり、感慨深いものがありました。

会場は、これらから挙式を控えるカップルや家族で一杯で、幸せの波動が漂ってました。そんな中に混じって私も、今年のNZのブライダルトレンドや新しい会場などの吟味をしたりと、楽しい時間を過ごしました。
日本から来られるお客様の為に、ニュージーランドテイストを感じていただける挙式手配をいつも考えていたいと思っています。

ニュージーランドの挙式ベストシーズンは初夏10月から夏の3月末くらいです。その時期に挙式をご計画の方は、今からぜひご準備を進めてくださいね。